これから赤ちゃんが産まれます

妊娠している奥さんをサポートする男の体験記です。

赤ちゃんが2人生まれました

久しぶりの投稿です。(二年半ぶり?)

 

 

この二年半で2人の赤ちゃんが生まれてくれました。

 

 

二人共元気です。元気すぎてお世話でとても疲れています…

 

 

赤ちゃんが生まれてから、自分の中で変化が沢山ありました。

 

 

・他人の赤ちゃんや妊婦さんにも優しくなれる

 

 

・知人友人の出産を進んでお祝いするようになった

 

 

・未来の社会のことを考えて仕事するようになった(ときどき)

 

 

・仕事のプレッシャーを感じやすくなった

 

 

どれも貴重な変化です。自分の成長にもつながっているように感じます。

 

 

赤ちゃんに関して意見することに世間が敏感になっています。

 

意見の押しつけは良くないと思いますが、私はこの世に生まれてきた赤ちゃんがみな大切にされることを願っていますし、自分もそうできるように行動したいと思っています。

ホルモンのお話

ママは妊娠してから気持ちが不安定なときがあります。

 

ネットで調べてみると、赤ちゃんを生むための身体に変化すべくホルモンが沢山出ているからのようです。

 

これを見てビビッときました。僕は筋トレをしているのですが、ホルモンの変化が気持ちに影響することを身を持って知っているからです。

 

しんどい筋トレをして男性ホルモンが多く出ると、筋肉がつきやすくなります。そして他の作用として性格が攻撃的になります。筋トレ後に仕事の会議に出たときは、同僚にきつく意見を押し付けてしまい後悔したことがありました。

 

また、筋トレをしすぎるとコルチゾルというホルモンが出て、気分が落ち込みます。

 

ママはどんなきつい筋トレよりもしんどいことに挑んでいるのです。僕はそんなママのよきトレーニングパートナー&トレーナーになりたいと思いました。

ママがつわりになったら(お風呂編)

つわりなったママは「もわっと」した匂いが苦手です。

 

特にお風呂のシャンプーやボディソープに敏感です。

普段だと気持ちよく洗いあがる香料がママにはつらいのです。

 

なので、ママが気分よく使える「もわっと」しないものを探しました。

 

①シャンプーは「カウブランド 無添加シャンプー」が良い感じです。安くてどこでも買えるので便利です。

 

②コンディショナーは「ネイチャーズゲートコンディショナー BIO」がもわっとしません。ドロッとしててちょっと使いにくいですけど…iherbで買いました。

 

③ボディソープは大変困ったのですが、色々試した結果、友人から海外旅行のお土産でもらった「アデルマ ウオッシングジェル」がママにフィットしました。アデルマはポーラファルマが輸入してくれていたのですが、取り扱いを中止したため、個人輸入で購入します。また、結構値段がするのですが、ママのために僕のおこずかいで買いました。

 

「もわっと」しないシャンプー&コンディショナーは気持ちよく使える反面、保湿力?が十分でなく、髪の毛が今までのようにさらさらになりません。なので、たまにお風呂上りにアルガンオイルでママの髪の毛をといてあげました。

 

アルガンオイルはもちろんiherbで買いました笑

ママがつわりになったら(食事編)

妊娠がわかって喜んだのも束の間、最近ママの機嫌が悪い日が続きます。


私はママが淹れてくれたコーヒーを毎日会社まで持っていくのですが、突然コーヒーを淹れてくれなくなりました。

仕方なく自分でコーヒーを用意していると「匂いがしんどいのですぐにフタをしてほしい。」と冷たく言われてしまいました。



他の日には、家事の手伝いをしようとご飯を炊いていると「匂いがしんどいので米を炊かないでほしい」と言われました。



やることなすこと全てに文句を言ってくるので、腹が立ってママとケンカしてしまいました。



ママが「つわり」になっているのは気づいていたのですが、不機嫌で自分にあたってくるママを受け止めることができませんでした。




ママは最近しんどいと言ってすぐに寝てしまいます。


モヤモヤしながらリビングに一人でいると、たまごクラブがあったので手に取ってみました。


そこには「赤ちゃんは『パパとママが仲良しでいてくれることが、いちばんうれしいよ』」と書いてありました。


また泣いてしまいました(ママが寝ているのでこっそりと)。


それからママがしんどいということは極力やらないようにすることにしました。


①コーヒーは会社でインスタントを淹れるようにしました。MAXIMの「ちょっと贅沢な珈琲店」がおすすめです。


②お米はベランダで炊くようにしました(異様な光景ですが…)。「サトウのごはん」にしても良いと思います。


③ママのためにスッキリするキャンディ(キシリトール配合)をストックするようにしました。最初は「そんなものいらない」と言っていましたが、さっき見たら減っていました。


私の行動や発言から「つわりぐらいどうってことないだろう」という感情が伝わると、ママはとても悲しくなったりイライラしたりするのだと思います。


つわりのしんどさがわからない自分は、それを自覚して、できるだけのことをやってママを支えて行きたいと思いました。

ママが産婦人科から帰ってきたときの話

ちょっと前のお話。最近ママ(奥さんです)の様子が変だなと思っていたら、


「あたし妊娠したかもしれない」


と打ち明けられました。


そこで私は「妊娠検査薬を買いに行こう!」と提案しましたが、


ママは「産婦人科にいくので必要ない」と言いました。


「なんで??早くわかったほうがいいでしょ!」と返すと


「妊娠検査薬で陽性だったら産婦人科行くし、陰性でも調子が変だから産婦人科に行くから、結局産婦人科には行くので検査薬は無意味!」


とのこと。


なるほど!と思ったので妊娠検査薬は買いに行きませんでした。


・・・


そして翌日、仕事中にママからラインが来ました。


そこには良くわからない白黒の画像が………


それを目にした瞬間ビビビっ!と身体に稲妻が走りました。


f:id:mens-physique:20170328012854j:plain:w300


これはエコーの写真だ!


とすると、この卵のような人の眼のような輪っかがわが子か!!


なんか泣いてしまいました。


「俺、もっと仕事がんばろう。家族のためにがんばろう。」


そんな気持ちになりました。


「結婚っていいな。子供ができるっていいな。」と思いました。

自己紹介

はじめまして、種夫といいます。アラサーの会社員です。


結婚2年目にして奥さんのお腹に赤ちゃんを授かることができました。


順調に行けば来年の秋ごろに産まれてくる予定です。


これからの出来事を男性目線で書いていきたいと思います。


少しでもブログを見てくれる方の役に立てればいいなと思っています。よろしくお願いします。